年間スケジュール

上演会・コンサート

  ギャラリー1、2 ギャラリー3、その他
2017年

16.10.08-17.01.09
ジブリの立体建造物展
「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、ジブリ作品に登場してきた趣ある建造物たち。建築家・藤森照信氏監修のもと、代表的な建造物を立体で表現し、その設計の源を探ることで、あらゆる文化、環境のなかで人々の生活と密接につながってきた建造物の魅力に迫ります。
詳細

17.01.28-17.02.12
第28回熊本市民美術展
熊本アートパレード

15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在勤・在学者・熊本市出身者なら誰でも無審査で出品することのできる公募の展覧会です。
詳細

16.11.30-17.02.26
GⅢ vol.114
熊本市現代美術館コレクション展
形が変わることで見えるもの(見えないもの)

表現したいことに合わせて、その土台となるベースの形が変えられた当館コレクション作品を通して、「見る」ことについて改めて考えます。
*出品作品は一部変更になる可能性があります
A4チラシ(PDF形式)
作品リスト(PDF形式)

17.02.18-17.03.26
CAMKコレクション展 Vol.5
知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!

熊本市現代美術館(CAMK)のコレクションには、熊本ゆかりの「くまもとのお宝」級の作品が数多くあります。現代美術ならではの多様な表現を楽しみながら、「本当のくまもとのお宝とは何か?」を一緒に発見してみませんか?新規収蔵の生人形も初公開します。
詳細

17.03.01-17.04.30
GⅢ vol.115
3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本
アートポリスの「みんなの家」、坂茂らによる「避難所用・紙の間仕切りシステム」、日比野克彦の「ハートマーク・ビューイング」、村上タカシの「宮城熊本 伝えるプロジェクト」、遠藤一郎「未来龍熊本大空凧」の5つのプロジェクトを軸に、東北等の災害時に生み出されたアートやデザインが、熊本でも新たなつながりを作り出す事例について紹介します。

詳細情報1(PDF形式)
詳細情報2(PDF形式)

17.04.08-17.06.11
高橋コレクションの宇宙
「高橋コレクション」は、精神科医・高橋龍太郎氏によって収集された、1990年代以降の日本の現代美術を主軸に据えたプライベートコレクションです。本展では、2500点を超えるコレクションの中から36作家、約120点を大公開します。
詳細

17.06.24-17.09.03
三沢厚彦 ANIMALS in 熊本
樟の丸太から彫りだされた等身大の動物たち。日本を代表する現代彫刻家、三沢厚彦の生み出す動物たちは愛嬌たっぷりでありながら、圧倒的な存在感を放っています。最新作を含む彫刻作品と絵画、約100点のアニマルズとの出会いをお楽しみください。

17.09.16-17.11.26
開館15周年記念 ほまれのくまもと展
当館の開館15周年を記念する本展は、2016年熊本地震から復興へと一歩ずつ未来に向かう市民と全国からの応援を熊本の「誉」とし、「熊本の歴史と未来」をテーマに、石内都、宮島達男、寺田克也、瀧下和之、石川直樹など日本を代表する現代美術家たちによる新作コミッションワークから、新発見の生人形までをご紹介します。

17.12.16-18.03.18
熊本城×特撮美術「天守再現プロジェクト」(仮)
2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。現在は敷地内の多くの部分が立ち入りできない状況ですが、本展では特撮美術のプロたちがミニチュア技術を駆使して熊本城と城下に広がる街なみを再現!同時に、お城をはじめとする熊本の文化財の価値と魅力を掘り下げ、今後の復興計画もご紹介します。

このページの先頭へ戻る