年間スケジュール

上演会・コンサート

  ギャラリー1、2 ギャラリー3、その他
2016年

15.12.19-16.01.10
第27回熊本市民美術展
熊本アートパレード

15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在勤・在学者・熊本市出身なら誰でも無審査で出品することができる公募の展覧会です。
詳細

15.12.03-16.02.14
井手宣通記念ギャラリー 冬の展示
テーマ:「飛行する・俯瞰する」
詳細情報(PDF形式)

15.12.05-16.02.14
GⅢ vol.108
江上茂雄展
会社勤めのかたわら‘日曜画家’として荒尾・大牟田の風景を中心に描き続けた江上茂雄(1912−2014、101歳で没)。 2万点に及ぶ作品の中から代表作を中心に27点をご紹介します。
詳細情報1(PDF形式)
詳細情報2(PDF形式)

16.01.23-16.03.27
Rinko KAWAUCHI
The river embraced me
川内倫子展 川が私を受け入れてくれた

木村伊兵衛賞受賞作など、川内の代表作を初期から最新作まで、写真の新時代を切り開いてきた川内倫子の作品を熊本・九州で初めて紹介。 本展に向けて制作された熊本市民とのコラボレーション作品も初公開します。
詳細

16.02.19-16.05.05
GⅢ vol.109
淀川テクニック
ゴミニケーションin熊本!!

柴田英昭(1976年岡山県出身)と松永和也(1977年熊本県出身)によるアート・ユニット。
ゴミや漂流物など使われなくなったモノを素材に、独創的な視点によって作品を制作、アートとして再び生命を吹き込みます。 また、赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作も得意とします。
本展では、代表作から新作までをご紹介するとともに、会期中には公開制作やワークショップを行います。
詳細情報1(PDF形式)
詳細情報2(PDF形式)
中止となりました。

16.04.09-16.06.12
だまし絵王 エッシャーの挑戦状
−ダリ、マグリット、福田繁雄から現代のイリュージョニストまで−

だまし絵の巨匠エッシャー。その作品を出発点にしつつ、重なる関心や指向をもった古今のアーティストたちの不思議な作品群をご紹介。縦横無尽のイリュージョンの中で常識の揺らぎをお楽しみください。
詳細
5月18日(水)より、展示内容を変更して再開いたします。

16.05.11-16.07.11
GⅢ vol.110
熊本市現代美術館コレクション展

16.06.25-16.09.19
かえってきた!魔法の美術館
「見て」「触れて」「参加」できる、最新のデジタル技術を駆使したメディア・アート作品を一堂に集めた「魔法の美術館」が再び熊本へ!
日本を代表するメディア・アーティストたちが織りなす、光と影のワンダーランド。

16.07.16-16.09.11
GⅢ vol.111
丸尾三兄弟
SUPER MARUO BROS.展

陶芸×アートで新しい天草をつくる「丸尾焼」の金澤佑哉(1982年生まれ/長男)、宏紀(1987年生まれ/次男)、尚宜(1989年生まれ/三男)の3人の若手陶芸家による展覧会です。

16.10.12[予定]-17.01.09
ジブリの立体建造物展(仮称)
「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、ジブリ作品に登場してきた趣ある建造物たち。建築家・藤森照信氏監修のもと、代表的な建造物を立体で表現し、その設計の源を探ることで、あらゆる文化、環境のなかで人々の生活と密接につながってきた建造物の魅力に迫ります。

このページの先頭へ戻る